営業終了後の苦悩

銀行って15時に営業が終わるから帰りが早くなりそうでいいね。

って思われているかもしれないけど、そんなことない。。。

 

もし、窓口であつかった金額とその日の集計が1円でも違っていたら、

みんな血眼になって探すからその時は本当に大変。

 

営業も窓口も部長も課長も関係なく、みんなで1円のために床に這いつくばって探しまくるあの苦痛たらないね。

だって、実際は窓口の子がどこかへやった確率がたかい。(いや、それしかない)

のに、営業から帰っていろんな処理とかがあるのに、その1円のために頑張って探さないといけなくて、

それが見つかるまで帰れないのが銀行マンの苦痛・・・

 

営業から帰ってそんなふうになってたら本当にどっと疲れが出るよね。

 

銀行ってお金を扱う場所だから結構神経過敏になるし、

変な人が多いのかも(笑)

 

じゃないとお金を扱っていけないのかもしれない。

お金にルーズだと、そういうのを面倒ですぐやめちゃうかもしれないね。

 

 

学問問題

銀行に入ったはいいけど、かなりの学閥があることに働いているとやっぱり気がつくね。

 

中堅の大学だと全然出世できない上司とかみていてやっぱりと思うし。

でも最近ではちょっとした頑張りで海外事業部とかにいって出世できたりする道もできてきたけど、

やっぱり偉いのは東大や京大、早稲田、慶応の人が上に行く感じになってるんだよね。

 

多分上の上司の出身校にもよるらしいけど、そういった贔屓もあるらしい・・・

 

最近では明治や法政ぐらいの大学でも認められれば、結構上のほうにいけるらしい!

 

とおもってがんばってはいるけど、どこまでいけるのかな。

 

社長やその辺のお偉いさんを見ても、やっぱり京大や東大の人が多いからな~。

 

最近同期で海外にいって結構いい待遇を受けてるやつもいるから、

俺も頑張ればどこかの支店の支店長ぐらいにはなれるかな(笑)

 

支店長になると結構いい給料もらえるらしいけど、

いろんな店舗に転勤転勤でヤバイらしいね。

 

家族をもつと転勤族になって子供もかわいそうだってよく聞くし。

 

銀行ってところは本当大変な場所だな。

銀行の細かさ

銀行って本当に細かい。。。

 

まぁ個人情報を扱っているし、それにともなってお金もついてくるからだけど、いろんな決まりがありすぎてびっくりする!

 

まずは会社についたら、ロッカーがあってその中でしかしてきなものはもちこめなくて、携帯などは自分のデスクでみることができないんだよね~。

 

それもキツイね。

友達と連絡も取れないし、最近ではみんなFacebookみてるのに自分だけみれなかったり。

 

しかも、自分のパソコンでインターネットも見れないようになってたりして、規制かけられてるんだよね。

だから業務中にちょっとした息抜きもできないからちょっとしんどいね~。

 

あとは、営業でもランチの時間は帰って、必ず社食で食べないといけない。

利益強要とかで、ランチ奢られたりするのはNGなんだと思うけど、

いい加減ちょっとは外で気晴らしのランチとかしたいよね。

 

でもそれもできないから、営業の時間以外は基本は会社の規制にしばられている感じ、、、

 

こんな厳しい会社ほかにはないんじゃないかな。

 

でもそれぐらいしないと、といってもそれぐらいしても個人情報って漏れたりするから大変だよね。

 

 

銀行の出勤時間

銀行ってめちゃくちゃ出勤時間がはやい!

8時半出勤だけど、だいたいみんな8時にはいるんだよね。。。

しかも、女の子はいまどきお茶くみもさせられてるし、

部長とか上司のデスクも雑巾でふかされたりしてるし。

 

まだ男子で良かったなと思う瞬間。

でも、それに合わせて自分たちも早めに出勤しないといけないのがちょっと億劫。

 

まぁ。帰る時間はそこまで遅いわけではないけどさ。

たいていの会社はそんな早くから開いてないからもうちょっと遅くてもいいとおもうんだよね~営業は。

 

どうせ営業にいくのは10時以降なんだし。

だって、9時出社か遅くても10時の会社がおおいからそんなに早く出社しても出て行くのは10時とかだしな。

 

その前にメールチェックとかいろいろあるけど、、、

 

15時に営業終了になるけど、長い長い朝が早いからね。。。

 

銀行の出張で

最近出張に行く機会が増えて、いよいよスーツケースとかいいのがほしいなとおもうこのごろ。

 

銀行の出張って本当大変なんだよね。

だって、個人情報とか企業のマル秘資料とかを持ち歩くから本当にドキドキするから、

鍵がかけられて頑丈なものじゃないと安心できないのが問題。

 

だから、最近銀行マンのなけなしの給料でゼロハリバートンのスーツケースを購入!

 

このゼロハリバートンのいいところはアルミニウム素材でできていて、とても頑丈にできている処!

だって、このゼロハリバートンってアポロ11号による月面着陸のときに、月の石を入れて持ち帰った「月面採取標本格納器」を製造したことで知られているほどのメーカーだから安心できることこの上なし!

 

ちゃんと鍵もかけられるし、アルミニウム素材だけど軽いから出張でもつかれないのが嬉しいね~。

最近の買い物の中で一番いいものかもしれないな!

しかも、1938年に作られたブランドで老舗のブランドなのでちゃんとしているし、

やっぱりサラリーマンに人気のブランドだから、一回は持ってみたいなと思ってたんだよね。

 

ゼロハリバートンのトレードマーク的なこのアルミニウム素材のスーツケースなら、

スーツとの相性もばっちりだし、なんといっても華のない銀行マンのスーツ姿に華を持たせてくれるバッグだからいいね!

銀行の体制について

銀行って本当に昔からある企業ッて感じで、なかなか出世が難しいんだよね。

本当に苦労する会社だよ。

 

辞めさせられることはないけど、部長課長係長ッて感じで申請書類を通すだけでもめちゃくちゃ時間がかかるし。

何日かかるんだ!って感じで本当に面倒・・・

 

印鑑押すところが何個もあるしね。

とうの本人も面倒だと思ってるんじゃないかなー

 

だって上に行けば行くほど、印鑑押しの仕事ばっかりで

またかよって感じだよね。

 

でもその仕事に行くことでかなりボーナスも上がるし、銀行は上に行かないとお給料もらえないからな。

長く努められる会社だと思って入った自分が悪い。。。

 

でも半沢直樹みたいに強く上司にものを言えないよね。(笑)